主な実績を見る

  • 航空写真

  • フィールド

  • 施工状況

横浜国際総合競技場

周長850mをEXP.Jゼロで実現 PC圧着関節工法の特徴を最大限に活かし、スタンド全周にプレストレスを導入することで、リングテンション効果をスタジアム全体に与え、従来60~90mおきに必要なエキスパンションジョイントを設けず、耐震性に優れたスタジアムを構築しています。

PCaPCの人工地盤で
遊水地機能を併設したスタジアム
スタンドの下に人工地盤を設けることで鶴見川多目的遊水地をスタジアムと併設することを実現しています。

設計
松田平田・東畑建築事務所JV
施工
竹中・奈良JV(第一工区、フィールド工区)、
銭高・日本銅管工事JV(第二工区)、日本国土・渡辺JV(第三工区)、
佐藤・三木JV(第四工区)、三木・渡辺JV(人工地盤その1工区)、
竹中・駿河JV(人工地盤その2工区)
延べ面積/規模
172,758㎡/地上7階/観客席72,327席(固定席)
用途
スポーツ施設
工法
PC圧着関節工法
場所
神奈川県横浜市
CLOSE
  • 外観

公立はこだて未来大学

PCaPCで大空間を実現 PCの特徴である大スパン化に加え、PC圧着関節工法による柱の制振効果で5層分(h=20m)を吹き抜けることで、屋内全体が一望できる一体感を生む大空間が実現しています。また、スラブにもT型のPCaPC床版を使用しているため、構造体すべてをPCaPCで構築しています。

コンクリートとガラスの融合で
一度は訪れたい学校に
PCaPCは耐久性に優れているため、仕上げをせずにコンクリートの地肌を見せることで、ガラスとの調和バランスが良く、建築関係の方々から一度は訪れたい学校とも言われています。

設計
山本理顕設計工場/木村俊彦構造設計事務所
施工
大成・千葉・加藤組・伊藤組・澤田・田畑・三光工業JV
清水・平林・徳・石井組・和工・戸沼JV
延べ面積/規模
26,840㎡/地上5階
用途
学校・教育施設
工法
PC圧着関節工法
場所
北海道函館市
CLOSE
  • 航空写真

  • スタンド

  • 外観

  • 施工状況

広島市民球場

短工期で実現した解放感溢れるスタジアム 1階席を現場打ちPC造、2階席をPCaPC造とし、1階席躯体工事施工中に、2階席部分のPCa部材を製作する期間にあて、地上躯体工事を8ヶ月と短い工期(全体16ヶ月)で実現しました。

非対称な球場を生産性UPでコスト削減に成功 球場全体は非対称ですが、PCa部材の形状をパターン化するとともに、全国9製作工場における分担化で生産性を上げ、コスト削減に成功しました。

設計
仙田満+環境デザイン研究所/金箱構造設計事務所
施工
五洋・増岡・鴻治JV
延べ面積/規模
39,524㎡/地上7階・地下1階/観客席30,350席(固定席)
用途
スポーツ施設
工法
PC圧着関節工法/PC工法
場所
広島県広島市
CLOSE
  • 航空写真

  • 外観

  • 実大組立試験

  • エントランス

いわき平競輪場

複雑な造形をPCaPCで実現 バンクは新マコンネル曲線という複雑な曲線で形成されています。その複雑な形状をPCaで実現するため、型枠作成からPCa部材製造まで徹底した管理で行い、高品質、高精度の部材作成を実現しました。また、北海道の製造工場にて実大組立試験を行い、現地での作業がスムーズかつ高精度に管理できるよう準備を整えました。
全周にプレストレスを導入してリングテンション効果を与え、振動、ひび割れ、たわみに強いバンクを実現しています。

設計
日本設計
施工
大林組・常盤開発・東武産業・大和電設工業・クレハ電機・
クレハ設備・日化エンジニアリングJV
延べ面積/規模
17,355㎡/地上6階・地下1階
用途
スポーツ施設
工法
PC圧着関節工法
場所
福島県いわき市
CLOSE
  • 外観

  • 吹き抜け

  • 内観

  • ファサード

安曇野市庁舎

災害に強い長寿命な庁舎 「質実剛健で、市民に喜ばれ、次世代へ引き継がれる市庁舎」をコンセプトに完成した市庁舎です。
地震などの災害時に防災拠点として担える「安全・安心」を確保できる強い建物として、次世代へ引き継がれる耐久性の高い長寿命の建物として、免震+PC圧着関節工法が採用されています。

設計
内藤・小川原・尾日向JV
施工
前田・岡谷JV
延べ面積/規模
21,203㎡/地上4階・地下1階
用途
官公庁
工法
免震+PC圧着関節工法
場所
長野県安曇野市
CLOSE
  • 外観

  • 吹き抜け

  • エントランス

  • 屋上

三田市庁舎

地域の災害拠点として、
質の高い行政サービスを可能にする開放的な空間
高い耐震性と安全性を確保しつつ、自由度の高い大空間な執務空間を、また、将来の社会情勢による変化に対応できるように長寿命な建物を実現しています。

設計
内藤・小川原・尾日向JV
施工
前田・岡谷JV
延べ面積/規模
12,953㎡/地上6階
用途
官公庁
工法
免震+PC圧着関節工法
場所
兵庫県三田市
CLOSE
  • 外観

  • 施工状況

くまもと森都病院

地震に強い医療継続可能な病院 巨大地震時にも医療行為を継続して提供できるように、免震+PC圧着関節工法が採用されています。免震構造は、高い剛性と耐力を持った上部構造が最も免震効果を発揮するので、PC圧着関節工法はとても相性の良い構造となっています。

設計
松尾建設/松尾建設+NCU
施工
松尾建設
延べ面積/規模
16,721㎡/地上5階
用途
医療・福祉施設
工法
免震+PC圧着関節工法
場所
熊本県熊本市
CLOSE
  • 外観01

  • 外観02

  • 議場

  • 施工状況

藤沢市庁舎

災害時の事業継続計画(BCP)、環境負荷への対策 災害時の防災拠点とするため、免震構造を採用しています。また、建設時におけるCO2削減や、耐久性を上げライフサイクルコストを削減することで、省エネ・省資源化を図り環境負荷の低減に寄与しました。

設計
梓設計
施工
鹿島・門倉JV
延べ面積/規模
35,435㎡/地上10階、地下1階
用途
官公庁
工法
免震+PC圧着関節工法
場所
神奈川県藤沢市
CLOSE
  • 外観

  • 航空写真

GLP吹田

人命、荷物の安全確保 人や物の安全を確保するため、PC圧着関節工法+免震構造が採用されています。
また、マルチテナント型物流施設としての幅広い業種に対応できる、長スパンの純ラーメン構造で構築しています。

次世代型サスティナブル物流施設 建設時のCO2削減、また、200年耐久による建て替え時のCO2削減、その他発電設備など様々なエネルギー消費特性に合わせた設備を設置し、国土交通省の「平成27年度(第2回)サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」に物流施設として初めて採択されるなど環境面でも高い評価を得ている次世代型物流施設です。

設計
竹中工務店+デロイトトーマツPRS
施工
竹中工務店
延べ面積/規模
165,236㎡/地上4階
用途
物流施設
工法
免震+PC圧着関節工法
場所
大阪府吹田市
CLOSE
  • 外観

  • 倉庫

  • 車路

  • PCランプ施工状況

DPLつくば阿見

ユーザーの荷物を預かる施設への要求 複数のユーザーが利用するマルチテナント型物流施設に対して、建物への信頼性を高めるため、高品質・高剛性・高強度を求め、免震+PC圧着関節工法が採用されています。また、動線となるランプウェイにも同工法を採用し、事業継続計画(BCP)にも対応しています。

設計
フクダ・アンド・パートナーズ
施工
西松建設
延べ面積/規模
148,426㎡/地上5階
用途
物流施設
工法
免震+PC圧着関節工法
場所
茨城県稲敷郡
CLOSE
  • 外観

  • フレームイメージ図

都営北青山一丁目住宅

PCa化で生産性を向上した公営住宅 PC圧着関節工法により耐震性、耐久性に優れた純ラーメンフレームを構成し、床にPC合成床工法(KS床版)、壁にはPCカーテンウォール等を用いることで、現場でのコンクリート打設を最小限に留めた、高品質な集合住宅です。

設計
久米設計
施工
浅沼組・日産・辰村JV
延べ面積/規模
16,809㎡/地上10階、地下1階
用途
集合住宅
工法
PC圧着関節工法
場所
東京都港区
CLOSE
  • 外観

  • 施工状況01

  • 施工状況02

  • 施工状況03

りゅうとう奥武山クリニック

塩害にも強い建築物を短工期で 構造部材を高品質、高耐久な工場製品とすること、さらに、プレストレスを柱・梁の3軸に与えている(PC圧着関節工法の特徴)ため、ひび割れを抑制する効果があり、塩害などに対するリスクを軽減しています。また、現場での生産性が上がり、工期短縮にも成功しています。

設計
セゾン社
施工
金秀建設
延べ面積/規模
6869㎡/地上6階
用途
医療・福祉施設
工法
PC圧着関節工法
場所
沖縄県那覇市
CLOSE
  • 外観

  • 施工状況

跡ケ瀬大橋

50m超の単純桁橋としてSPC合成桁工法が採用されました。主桁断面内部に圧縮鋼材を内蔵し、外ケーブルを配置することで、中立軸を大きく上げることを可能にし、1/25の桁高スパン比を達成しました。

橋長
全長52.1m(支間長50.9m)/幅員9.5m
用途
橋梁
工法
SPC工法
場所
熊本県阿蘇市
CLOSE
  • 外観

DONG TRU 大橋

ドン・チュー大橋は、ベトナムの首都ハノイ都心とハイフォン港市を結ぶ国道の最重点工事として、また、ハノイ市の経済促進、渋滞緩和に貢献する重要なインフラとして完成した橋です。全長1,140mの本橋は、ベトナムでは初採用の3径間連続コンクリート充填鋼管アーチ橋であり、水平力による変異を抑制するため、ダイドケーブル(主桁方向の引張材)及び吊りケーブルが導入された構造です。

橋長
全長1,140m(アーチ支間80mx120mx80m)/幅員26.95m
用途
橋梁
工法
KTB定着工法、SCストランド(タイドケーブル)
場所
ベトナム/ハノイ市
CLOSE
  • 設置状況

  • 製造ライン

  • 施工状況

まくら木

ポストテンション方式のプレキャスト・プレストレストコンクリート製とし、衝撃荷重に十分耐えるまくら木を提供しています。

用途
鉄道関連
工法
PCまくら木
CLOSE