黒沢建設株式会社

お問い合わせ

サイトマップ

サイト内検索

文字サイズ

大

中

小

新卒採用情報 事業紹介

私たちの実績、取り組み、将来像などを紹介いたします。

アウトライン

黒沢建設はプレストレスト・コンクリートの専業メーカー・施工業者として、当社独自で保有する「KTB定着システム」を基本とした各種工法により建築・土木の分野で全国に事業展開しております。当社は独自性と信頼性の高い技術を開発し、登録した特許は200を超え、その技術を社会に提供し、社会に貢献する技術集団であります。

これまでの実績

当社は、1966年に設立され、プレストレスト・コンクリート技術の開発・設計・施工を行ってまいりました。特に大型組立式建築構造物の開発には、他の追随を許さないトップレベルの技術を有すると自負しております。また、1995年に補強鋼材の塩害腐食によるコンクリート構造物の劣化を防ぐ「全塗装PC鋼より線」が、日本では最も権威の高い大河内記念賞を受賞しております。

    (財)土木研究センターから技術審査証明を取得
  • 1995年「SCストランド」
  • 1998年「KTB・引張型SCアンカー」
  • 2000年「KTB・応力拘束型Cmsアンカー」
  • 2004年「Ducst」
    (財)砂防・地すべり技術センターから技術審査証明を取得
  • 1996年「KTB永久アンカー工法(荷重分散型)」
    ISO9002を取得(品質保証)
  • プレストレスト・コンクリート製造

現在の取り組み

建築分野では、当社独自の「KTB・PC圧着関節工法」により震度7の地震が起きても倒壊しない建築物として、PCによる耐震補強工事等高強度の建築物を提供しております。
それから、土木分野では、自然災害時におこる地すべり等を「KTBグラウンドアンカー工法」で事前に災害を防止する等、他社が真似できない最新技術は、日本に留まらず、海外にも技術移転を熱望され、それにお応えしております。

将来像

黒沢建設は「技術集団」として、現状に甘んじる事無く、今後も技術開発に取り組んでまいります。
また、最先端の技術開発だけでなく、都市開発に伴う騒音や環境破壊等の問題をいかに克服していくかを命題として、より良い社会環境の整備に注力していく方針です。

このページのTOPへ↑